該当件数 0件条件を絞り込む
誠に申し訳ございませんが、
指定された条件でヒットする求人情報は、現在登録されておりませんでした。
条件を変えて再度検索するか、後日改めて検索して下さい。
毎日続々更新されています。
簡単な登録で新着求人情報をゲットし、転職活動を有利に!

e介護転職に会員登録しよう!

e介護転職には、会員の方限定のサービスをご用意しております。ご登録頂くと求人を探す上で便利な機能がご利用頂けます。

  • メリット1求人応募に便利!
  • メリット2情報確認がスムーズ!
  • メリット3自分に合った求人情報をゲット!
  • メリット4スカウトされちゃうかも!?

柔道整復師とは

柔道整復師とは、整体師とは異なり骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等の医療行為が認められる国家資格です。柔道整復師は、非観血的療法(出血を伴わない治療方法)で治療をするスペシャリストと呼ばれ、整骨院のみならずスポーツや介護福祉の分野でも求められる職種です。柔道整復師が主に用いる療法は、整復法、固定法、後療法(手技療法・物理療法・運動療法)の3つです。整復法とは、骨折した箇所や関節が外れた箇所を元の状態に戻す行為です。基本的には応急処置を除き医師の同意が必要です。骨の折れ方や骨の近くにある神経や血管を傷つけないよう対処する高度な技術が必要な療法です。固定法とは、骨折や脱臼などをした部位を三角巾や包帯、副木などで固定する行為です。損傷した部位の腫れや、血管・神経の圧迫を防ぐことが出来ます。後療法とは、ケガをする前の状態に戻すため回復に向けた治療のことを指します。物理療法では電気屋光、温熱、超音波、冷却などを用い、運動療法では筋力の向上や動きを取り戻すための訓練、手技療法ではマッサージ等を行います。柔道整復師のやりがいとして言われるのは、患者さんの痛みを和らげ、QOLの向上に繋がることで「ストレスや苦痛が軽減されたよ」と患者さんから柔道整復師に対し直接感謝の意を伝えられることです。柔道整復師として病院や介護施設などで経験を積んだ方の中には、独立開業する方も少なくないです。高齢化社会に伴い、体を思うように動かせなくなる方が増えると見込まれる中、柔道整復師は需要が高まる可能性も高いでしょう。

柔道整復師になるためには

柔道整復師になるには、厚生労働省が実施する柔道整復師国家試験に合格する必要があります。柔道整復師国家試験には受験要件があり、大学や専門学校などの柔道整復師養成校に3年以上通学し、柔道整復師として働くための必要な技術と知識を修得することが挙げられます。柔道整復師養成校のカリキュラムには、座学だけでなく整骨院や病院などでの現場実習も含まれます。柔道整復師として将来的にどの分野に進みたいのかを考えて実習先を選ぶことも可能です。実習先で柔道整復師として働く先輩たちの姿を見て、ご自身が柔道整復師としてどの様に働いていきたいかを考えることも大切です。

沖縄県の介護業界動向

総務省統計局によると、日本の総人口が2021年10月1日時点で125,502,000人であるのに対し、沖縄県の人口は1,468,000人と総人口の1.2%を占めています。年齢別で見ていくと、15歳未満人口の割合は16.5%、15歳~64歳の生産年齢人口の割合は60.4%、65歳以上の高齢者の割合が23.1%、この内75歳以上の後期高齢者の割合は10.6%となりました。全国の割合平均と比較してみると、沖縄県では15歳未満及び15~64歳の生産年齢人口の割合は低く、65歳以上の高齢者及び75歳以上の後期高齢者割合は高いことが分かります。

また人口増減率に焦点をあててみると、全国平均が-0.51ポイントであるのに対し、沖縄県は0.07ポイントと、全国で唯一人口が増加しており、前年度の2020年度の0.41ポイントよりは劣りますが、2年連続人口が増加しています。

次に、沖縄県における要支援者、要介護者の数を見ていきましょう。厚生労働省の介護保険事業状況報告(暫定)2022年2月分によると、要支援1は5,322人、要支援2は8,749人、要介護1は10,147人、要介護2は10,133人、要介護3は10,406人、要介護4は11,451人、要介護5は5,606人で、要支援・要介護の合計者数は61,814人という結果になり、65歳以上高齢者の内の18.2%が該当することが分かります。

介護職唯一の国家資格として存在する介護福祉士が沖縄県には何人登録されているのでしょうか。公益財団法人社会福祉振興・試験センターによると、2022年4月末日時点で、介護福祉士の登録者数は全国に1,867,167人存在し、沖縄県に限定すると、21,617人存在することが分かりました。ただし、介護福祉士として登録されている人全員が介護従事者として勤めているわけでなく、また介護福祉士国家資格を有さない者も介護従事者として勤めることが可能です。

厚生労働省の令和2年賃金構造基本統計調査によると、沖縄県の平均賃金は252,500円(全国平均は307,700円)です。e介護転職に掲載されている沖縄県の求人57件(2022年5月26日時点)の内、正社員求人の平均月給は197,625~255,626円であったため、介護業界の給与水準はその他業界も含めた沖縄県の平均より若干低いことが分かります。しかしながら、処遇改善という形で今後は給与水準が引き上げられることが期待されています。パート求人に焦点をあてた場合、沖縄県の平均時給は1,116~1,174円(最低賃金は820円)でした。

e介護転職には、沖縄県で介護業界に従事する方の転職、またこれから介護業界に転職する方にぴったりなお仕事が見つかるよう、日々求人情報を公開しています。